とくしまマラソン奮戦記  今頃だけど

3月26日。3回めのとくしまマラソン。

18kmまで走れれば、故障せずに完走できる。そんな感じで初めてのフルマラソンに挑戦したのが一昨年のとくしまマラソン。昨年のとくしまマラソンではサブ3.5達成。そんなわけで自分の中で強く印象付けられた、好きな大会。

多少は経験を重ねて、初フルの時のような強い不安はない。あちらが痛くなったらこう、いよいよダメならどう、とか考えている。どこかが調子悪くなったら対応する方法があるとわかってきたので。

じゃあラクに走れるかというと、やはり速く走りたい、速くなりたいのである。

なぜか、高齢ランナーをもやる気にさせてくれるこの大会。ワケは、沿道の熱い応援、それは実は前日から始まる!

前日25日に徳島入りした私。阿波の十郎兵衛屋敷にでかけて、人形浄瑠璃鑑賞。傾城阿波鳴門の。。武士の十郎兵衛と妻お弓、子のお鶴の物語。。

涙涙の名場面。屋敷内を散策、木偶(でこ)人形などの展示を見て、さあ帰ろうとすると、三味線を持った太夫のおばちゃんが、「明日マラソン走りはるねんねえ!頑張って!吉野川大橋で応援してるよ!」

前日夜の食事は毎年一日だけの常連を続けている「鳥巣亭(とすてい)」

大将がにやっと笑ってマラソン談義に。びいるも少々。美味なる特製親子丼を食して店を出ようとすると

「頑張ってくだそいね」

「ありがとう!」

前日からこれだから、いやでも高まるモチベーション!

今年の宿は、徳島駅から二駅のところに大正楼なる旅館を見つけて宿泊。ここも古びてはいるが、朝シャワーは使わせてくれるわ。美味しいお店を聞いたり、なんやかや世話焼いてくれて至って居心地が良い。

二間続きの大きな和室で安眠。学生サッカーチームが丸ごと宿泊している。みんな廊下で出会っても挨拶きちんとしてて気持ちが良い。

当日は始発で徳島駅に。そこからアップを兼ねてスタート会場の県庁前まで歩く。

お、仮設トイレが洋式だったり、荷物預けのトラックの位置が近くなっていたり確実に進化している。こういうのもやはり気持ちがいい。

早く会場入りして、トイレも済ませ、早い時間帯にスタートゾーンに入る。名ばかりの、登録選手なので、この大会はSブロックスタート。周りは速そうなひとばかり。若いし!

ゲストは野口みずきさんと伊藤舞さんと。。。

昨年、熊本の震災復旧支援で前日の受付のみ参加、当日は熊本入りのため、DNSとなつた、高橋尚子杯岐阜清流マラソン。この時は、野口さん、きゅうちゃんの親身な紹介の言葉に涙ぐんだりする場面もあったが今年はすごく明るい。スタートセレモニーで、結婚して上海にいる、とか言っていた。

髪型もカワイイので、思わず大きく手を振って存在をアピールしたうえでこちらを見つけてくれた!すかさず、「みずきちゃん、髪型かつわいいー!」と彼女の目を見て叫ぶ。どっとSブロックにも笑い声が起こる。

みずきちゃん

「ありがとう!」だって!

(こう言うことやってしまうし、ウケてしまうヒトなので。僕。)

さあスタート。

名ばかりの登録選手かつロートル選手ではあるがSブロックからスタートして、ゆるゆる最初から走るとAブロックの速い選手に悪いので、最初は頑張って4:00/kmくらいを保つ。徐々にペースを調整して10km地点で4:45/kmくらいで安定し、4:00/km台をキープするのが今回の作戦だ。

よって吉野川大橋の人形浄瑠璃一座の応援は、発見出来なかった。だってまだ、必死で走ってるとこだったんだもん。

給水は1回飛ばし。足裏も調子悪くならない!

ポーチに入れたジェルで念入りに栄養補給。給食はバナナを少々。そうめんを楽しむ予定だったけど、その27km付近の給食所の手前でおなか痛くした!

トイレに駆け込んでフィニッシュ、いや、川内優輝選手の真似せんでいいのに。カレー食べ過ぎたわけでもないのに。抑えたつもりのビールがやや適量を超えたか。次はもう少し抑えよう。

これでそーめん食べてる余裕がなくなったけど、ある意味休憩した訳で、気分を入れ替えてまたら走り出す。

30km過ぎるくらいから、タイムが予想できてくる。トイレロスをカバーして、自己ベスト、それも3時間25分切りがあとひといき、というところ。おお大阪マラソンの市民アスリート枠の資格が。。

後半はこのニンジンをバネに、ペースアップ。すごい自分がいる。RUN歴3年余りで3時間20分台。頭の中で実況中継のアナウンスが聞こえてくる。いちろべえ選手、ペースが上がってますよ、このトシで頑張りますねえ。中高年の星!じやないですか!などと。脳内麻薬を使うのが自分でも上手いと思う。

最終盤の2kmほどは奇跡の、4:00/km付近のペースまであげる。どんどん追い抜いていく快感。呼吸が限界にくる。脚は疲れるけど、却って伸びる側の筋肉が柔らかくなるのか、妙に軽い感じに。

クランク状のコーナーをとおり、道路から競技場へ!コーナーなんか身体をインに傾けて遠心力感じながら走り抜けていく。ロードからトラックへ。足裏の感触が心地良いと感じながら。。

フィニッシュ!

結果、2014年から3回目の出走。3時間24分14秒で完走!自己ベスト。

走り終えて帰途に。お昼ごはんを駅前の「けんど茶屋」でいただくと、帰りのフェリーがあるので時間がないんだけど、と言うと超特急でちくわうどんを出してくれた。

そこから厨房で始まるマラソン談義。3人ほどだろうか。いやはや、いろいろ裏話とか、競技運営の仔細まで良く知っておられる。僕はちくわうどん食べながらにやにやして聞いている、けど、疲れた身体にもこれは楽しい。別に今回は痛いところはないので心地良い疲労感に浸りながら。。

とくしまのひとはみんなマラソン好き!こんな風にマラソンが愛されて、大会が支えられてるんだ。

アクシデントがありながらこのタイム。3時間20分はもう夢じゃない。とくしまを堪能した2日間でした!

♪帰りは南海フェリーのグリーン席でゆったり帰阪♪