日別アーカイブ: 2020-02-17

北九州マラソン 雨の怪走の回想

スタートブロックから雨。走り始めても風向が変わり、予報とは違って前半西向きに走る時も強く吹き付ける時もあった。

このところ4時間少し切るくらいのタイムでは走れていても、かつてのサブ3.5が出なくなっていた。

2017とくしまマラソンの記録で今回はSBブロックに入れていただいていたけど、サブ3.5の記録が昔のものになってしまうと市民アスリート枠やSスタートが出来なくなる瀬戸際の年。

主催者から配布されたビニルポンチョを31km門司港の折り返しが過ぎるあたりまで被ったまま。風がそれほどでもなさそうなので、沿道のボランティアスタッフさんが回収してくれているのには甘えて、脱ぎ去る。前半からポケットのゼリーをこまめに補給し、給水はカナリ飛ばして走る走る。

後ろに3時間 30分のペースランナー。その一大集団のプレッシャー、掛け声を背負って、少し前を行く。

35kmくらいから5:00/kmを維持できなくなってくる。

左ひざが、痛くはないけど、少しエネルギー不足のせいか、一歩一歩ショックを感じる。バネがなくなっている。残ってるゼリーはない。早めに摂らないと手遅れになるので。

あと4kmからが長い。あと2km付近で3時間 30分のペースランナーに抜かれる。なんとか見える範囲で付いていく。

あと1km、500m、腕振りと前傾は保ちながら、足が動かない!なんとか、、フィニッシュに入る手前の最終コーナー。そこからは真前屈みでつんのめるような体制ではあるがなんとか駆け込む。ラストスパートの余裕なし。

とにかくフィニッシュ!

前半はこのまま走ればいいねんや!中盤は、もう淡々とこのまま行くしかない、とペース維持してきたけど、あまりしんどくはなかった。

やっぱり後半ですよね。38km辺りからは、呼吸の乱れ、攣る予感!給水で休みたい誘惑。ペースメーカーのプレッシャーとしんどいことばかり。。

でも終わると忘れるんだよなあ。

出迎えのスタッフから、メダル、タオル、メロンパン、ドリンク、そして笑顔。。

いろんなものをいっぱい貰って、グダグタと着替え、駐屯汁でひと心地つくと、なんてマラソンて素敵なんだろうと思っているわけで。

自己ペストには3分ほどおよばないけど、ペース維持、給水マナーなどで出色のレース運びができたように思う。

まだ自己ベスト更新もあり得るかな?

(ばーか。ほんまにバカやー)