新春走ろうかい ひらかたハーフマラソン 走った!

今年は2kmジョギングの部に出走をめざすため、新成人の部は、見られなかった。ジョギングの部は何しろ午後からなので、流石に寒いだろうと。

昨日開催だと間違えて昨日も会場に来てしまったせいもある。(-_^)

かわりに今年の注目はパフォーマンスの部2km。
仮装もこれくらいやらんと!と唸らせる派手な出で立ちのグループがぞくぞく登場。
重たい着ぐるみや小道具(大道具?)はあまりなくて、揃いの軽妙な衣装で楽しませる趣向のが多くてなるほど、と思った。一般のランナーに仮装ランナーが混じると、それはそれで楽しいのだけど、自己ベスト更新をめざすランナーや完走めざしながら涙ながらにリタイアするランナーと入り混じるのを見ると複雑な気持ちになることもあるが、こうした部門を創るのは正解かも知れない。

とにかく、飛び入り参加のビギナー部門ではあるけど、大会にエントリーして走るのははじめて。
競技運営を経験しているのでだいたい会場についてからの手順はわかるのだが実際にやるのははじめて。

応援だけでは貰えないプログラムや各種割引券、参加賞がもらえた!
ナンバーカードもちゃんとしている。(これ、つけて走るのか!) やっぱり、普通に朝RUNとかただ、走っているのとは違う。。
ナンバーカードはあとでわかったけど、大抽選会のくじ番号になっているのである。良くできている。
更衣室も手荷物預けも使える。

エントリーをすませた時点であと2時間もある!野鳥でも撮影してよう、と思ったが、
食事、トイレ、着替え、など意外とやることは多い。撮影に1時間以上夢中になって結局ぎりぎりになってしまった。
おまけに直前のパフォーマンスの部がオモシロイ。見ているうちに「スタート3分前」

靴のひもを結んでスタート地点までかけつけて、ナンバーカードが中途半端にしかつけられない。
いや、しかし拍手のなか、スタートのアーチをくぐるの、イイなあ。
これはやめられない。

最後尾からスタート。スタートライン超えてから立ち止まって付け直す。最後尾車(自転車)のところギリギリからあらためて走り出す。
ぐねぐね走る子どもや家族、それぞれ楽しんで走っているのを追い抜き追い抜き、(結構大勢でゆっくり走るの、難しい。。)
お、フィニッシュもハーフや10kmと同じところ。。
審判・スタッフやチアリーダーが拍手で迎えてくれる。途中ハイタッチも経験。
なんという、達成感。2kmだけど。

あと、パフォーマンスの部ほかの盛り上がり方は写真をどうぞ。
小学生の部など、子どもたちは毎年熱い走りを展開。賞品も豪華なのだとか。
キッチンカーや飲食のテントブースも来ている。
大抽選会、夕日が浦旅行券など、こっちも豪華、と毎年、お正月らしい大会である。
仕上げは枚方市駅近くの王将で乾杯!